コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カヤモドキ

海藻海草標本図鑑の解説

カヤモドキ

からだは細長い円筒状。近縁のカヤモノリの ような規則的なくびれは見られない。盤状の付着器から叢生する。分枝はしない。からだは中空で,内部には気体が入っており,それにより潮が満ちて完全に水 没した時は直立する。色素体を持つ小形の皮層細胞は1〜3層で,その内側に大型で無色の円形から楕円形の細胞が3〜5層並ぶ。カヤモノリと同様に直立した 藻体は冬から春にかけて,ある短期間に非常に繁茂し,夏から秋にかけては盤状体となり,目立たずに岩上に生育しているという。手触りは柔らかく,少しヌル ヌルする。生体は明褐色〜褐色。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について | 情報