コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カライトソウ(唐糸草) カライトソウSanguisorba hakusanensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カライトソウ(唐糸草)
カライトソウ
Sanguisorba hakusanensis

バラ科の多年草。日本中部の高山帯に自生する。草丈は 30~100cm,直立して上部に枝分れし,葉をまばらに互生する。葉はワレモコウに似て長柄のある奇数羽状複葉。小葉は5~6対,楕円形で長さ5~9cm,縁にあらい鋸歯があり,裏面は粉白色である。盛夏に,枝端に長さ 10cmもの紅紫色の穂状花序をつける。花柄に毛が密生し,萼は小さく,花弁はない。おしべは9~11本あって,長く花外に飛出し紅紫色で美しい。唐糸とは唐から渡来した絹糸の意で,このおしべをたとえたものである。ときには園芸植物として栽培もされている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android