コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラカルパクスタン[自治共和国] Karakalpakstan

世界大百科事典 第2版の解説

カラカルパクスタン[自治共和国]【Karakalpakstan】

中央アジア,ウズベキスタン共和国内の自治共和国。旧ソ連邦のもとではウズベク共和国内のカラカルパク自治共和国であったが,ソ連解体後に現体制に移行,国名も改称した。面積16万5600km2で,ウズベク共和国の西の約3分の1(37%)を占める。人口121万4000(1989)。民族構成はカラカルパク人31.1%,ウズベク人31.5%,カザフ人26.9%,トルクメン人5.4%,ロシア人2.3%,その他2.8%(1979)となっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android