コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラコルム(和林) カラコルムKharakorum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラコルム(和林)
カラコルム
Kharakorum

モンゴル帝国の太宗オゴデイ・定宗グユク (貴由) ・憲宗モンケ (蒙哥) 時代の首都で知られる。モンゴル国ウブルハンガイ州,オルホン川上流のハラホリンにその遺跡がある。 1220年に元朝の太祖チンギス・ハンがここに拠点をおいたのに始り,35年オゴデイが周囲を城壁で囲み,長方形の宮殿を建てた。城内には煉瓦造の家が街路沿いに並び,仏寺,イスラム寺院,ネストリウス派キリスト教会があったという。 60年世祖フビライ・ハンの弟アリク・ブガ (阿里不哥) がここでハン位につき,フビライと対立したが,フビライはこれを占領,破壊した。 63年フビライは大都 (北京) に首都を移したので,カラコルムは衰微し,元朝では和林行省の所在地にすぎなかった。 1368年元朝最後の皇帝,順帝が北京を追われて,カラコルムを北元の首都とした。この都市はラマ教の一中心として 16世紀まで続いた。カラコルムの正確な位置は,19世紀になってロシアの東洋学者 N.ヤドリンツェフと A.ポズドネーエフによって確かめられた。 1948~49年に,ソ連,モンゴルの考古学者による遺跡調査が行われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カラコルム(和林)の関連キーワードハラハスン(哈剌哈孫)元(中国の王朝)アリクブカハラホリンカルピニフビライ元朝

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android