カラタチバナ(唐橘)(読み)カラタチバナ(英語表記)Ardisia crispa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラタチバナ(唐橘)
カラタチバナ
Ardisia crispa

ヤブコウジ科の常緑小低木。コウジ (柑子) ともいう。関東以南の暖地樹下に自生するが,ときには観賞用に栽培されている。樹高約 30cmでこんもりとした樹形をつくり,長さ 15cmほどの披針形の葉を互生する。夏に,葉腋から花柄を出し,白色5裂の合弁花をつける。球形の液果は赤熟し,越年する。この植物を単にタチバナと呼ぶこともあるが,この名はまたミカンCitrus古名としても用いられ,ヤマトタチバナ,アマタチバナなどミカン属の種や変種にこの名をつけているものが多く,まぎらわしいのでカラタチバナと呼んで区別する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ポスティングシステム

《「入札制度」の意》日本の球団に所属するプロ野球選手が、米国メジャーリーグへ移籍するための制度の一。所属球団の許可を得た選手のみが対象となる。所属球団は2000万ドルを上限に譲渡金を設定し、獲得を望む...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android