カラッチ(読み)からっち(英語表記)Lodovico Carracci

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カラッチ(Lodovico Carracci)
からっち
Lodovico Carracci
(1555―1619)

イタリアの画家。4月21日ボローニャの大聖堂で受洗、1619年11月13日同地で没した。アゴスティーノやアンニーバレの従兄弟(いとこ)。プロスペロ・フォンタナに学んだ。カラッチ一族の最年長者であり、美術学校アカデミア・ディ・インカンミナーティを創設(1582)するなど工房の運営や新様式の確立に指導的役割を果たした。初期の作品『聖パウロの回心』(1587)や『バルジェリーニの聖母』(1588。ともにボローニャ絵画館)には、ティントレットやコレッジョの影響であるドラマチックな力強さと、光の効果の追求がみられる。『洗礼者ヨハネの説教』(1592・ボローニャ)では、より柔和で洗練された賦彩がされている。1602年5月31日から6月13日までローマに滞在した。後期の作品として、ボローニャのサン・ミケーレ・イン・ボスコ修道院回廊のフレスコ装飾(1604~05)、ピアチェンツァ大聖堂の祭壇画(1609)、『磔刑(たっけい)』(1614・フェッラーラ)などがあげられるが、その画風は一様でない。人体研究、遠近法、明暗法などを組織的に教授した。[篠塚二三男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android