カラ・イ・ムグ遺跡(読み)カラ・イ・ムグいせき(英語表記)Kala-i Mug

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラ・イ・ムグ遺跡
カラ・イ・ムグいせき
Kala-i Mug

タジキスタン,ピャンジケント (サマルカンドの東方約 68km) にある山城遺跡。ザラフシャン川の河谷,標高 1500mの山頂の古城跡から 1933年,羊皮,紙,木に書かれたソグド語文書 80点,アラビア語文書1点,中国語文書8点が偶然に発見され,8世紀初めのソグド文化の解明に貴重な史料を提供した。アラブに追われたピャンジケントの支配者ディワシュティチが残したものとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android