コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラ・イ・ムグ遺跡 カラ・イ・ムグいせきKala-i Mug

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラ・イ・ムグ遺跡
カラ・イ・ムグいせき
Kala-i Mug

タジキスタン,ピャンジケント (サマルカンドの東方約 68km) にある山城遺跡。ザラフシャン川の河谷,標高 1500mの山頂の古城跡から 1933年,羊皮,紙,木に書かれたソグド語文書 80点,アラビア語文書1点,中国語文書8点が偶然に発見され,8世紀初めのソグド文化の解明に貴重な史料を提供した。アラブに追われたピャンジケントの支配者ディワシュティチが残したものとされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android