コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラーマネージメントシステム

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

カラーマネージメントシステム

ディスプレイで表示、指定された色どおりに印刷できるようにする機構。ディスプレイは、それ自体が発光して色を表現するデバイスだが(加色混合)、プリンターは紙に顔料を載せ、その紙に当たった光の反射で色を表現するデバイスである(減色混合)。このようにディスプレイとプリンターでは、色の表現方法がまったく異なっているため、編集時にディスプレイで指定された色どおりにプリンターから印刷するのは容易ではない。一般にカラーマネージメントシステムでは、デバイスごとの特性が記録されたデバイスプロファイルを用意し、これに従ってカラースペースを変換することで、デバイス間での色の整合性を図る。実際のカラーマッチングシステムとしては、PostScript、Apple Macintoshで採用されたColorSync、Windows 95で採用されたMicrosoft Image Color Matchingなどがある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android