カリタ マッティラ(英語表記)Karita Mattila

現代外国人名録2012の解説

カリタ マッティラ
Karita Mattila


国籍
フィンランド

専門
ソプラノ歌手

生年月日
1960

経歴
1983年カーディフ声楽コンクールで優勝後、モーツァルト歌手としてスタート。リリコ・ソプラノとして活躍したが、’96年のパリでの「ドン・カルロス」でスピントに転向。以後、「イェヌーファ」「サロメ」「スペードの女王」など、劇的な役を得意とする。メトロポリタン歌劇場では「マノン・レスコー」や「フィデリオ」で絶賛され、METの看板演技派歌手となる。

受賞
カーディフ声楽コンクール第1位〔1983年〕

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android