カリニャーノ宮殿(読み)カリニャーノキュウデン

デジタル大辞泉の解説

カリニャーノ‐きゅうでん【カリニャーノ宮殿】

Palazzo Carignano》イタリア北西部、ピエモンテ州の都市トリノにあるバロック様式の宮殿。17世紀にサボイア家の分家であるカリニャーノ公の命で、グアリーノ=グアリーニの設計により建造された。煉瓦(れんが)造りの曲面のファサードをもつ。サボイア家の宮殿として利用された後、サルデーニャ王国議会の議事堂になった。現在は国立リソルジメント博物館になっており、イタリア統一時の各種資料が展示されている。1997年、「サボイア王家の王宮群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android