カリバ・ダム(英語表記)Kariba Dam

世界大百科事典 第2版の解説

カリバ・ダム【Kariba Dam】

アフリカ南部,ザンビアジンバブウェの国境をなすザンベジ川中流部の峡谷に1959年6月に完成した大ダム。アーチ式で堤高128m。発電能力は約70万kWで,両国エネルギー源として威力を加えた。しかし,両国間に政治的不協和がしだいに高まり,円滑な運営が保たれていない。ダムによって形成されたカリバ湖は長さ約280km,面積約5200km2で,ナイル川アスワン・ハイ・ダムによるナーセル湖とともに人工湖として世界的な規模をもつ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android