コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリュプソ Calypso

翻訳|Calypso

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カリュプソ
Calypso

ギリシア神話のニンフ。ジブラルタル海峡に近いオギュギア島の洞窟に住んで,楽園の暮しをおくり,トロイから帰国の旅の途中で難破して漂着したオデュッセウスを 10年間引止めて,彼に不死を与え自分の夫にしようとした。しかしオデュッセウスの帰国の決意は固く,どうしても彼女の申し出を受けなかったので,ついにヘルメスを通じて伝えられたゼウスの命令に従い,彼を島から送り出した。ローマの建国伝説中のラテン人の名祖ラティヌスは,彼女がオデュッセウスの種によって生んだ子とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

カリュプソ

ギリシア伝説でオギュギア島に住む美しいニンフ。アトラスの娘。オデュッセウスがこの島に漂着した時,7年間留めて不老不死にしようとしたが果たせなかった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カリュプソ【Kalypsō】

ギリシア伝説の海のニンフ。その名は〈隠す女〉の意。ホメロスの《オデュッセイア》によれば,彼女は巨人神アトラスの娘で,大海のへそにあたるオギュギア島に住んでいた。オデュッセウスがこの島に漂着したとき,彼を歓待し,自分の夫として島にとどまるなら不死を与えようと説いたが,オデュッセウスが帰国の望みを捨てなかったので,ゼウスの命により,8年目に彼を島から船出させた。【水谷 智洋】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

カリュプソの関連キーワードホテイランニキアス楽園神話ゴゾ島

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android