コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリンティ Karinthy Frigyes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カリンティ
Karinthy Frigyes

[生]1887.6.24. ブダペスト
[没]1938.8.29. シオーフォク
ハンガリーの作家。小説,戯曲,詩,評論,翻訳など多面的な文筆活動を行なったが,特に風刺小説にすぐれた作品を残した。初めユーモラスな短編や,諸作家の文体模写で人気を博し,やがて J.スウィフトの『ガリバー旅行記』の続編としての『ファレミド旅行記』 Utazás Faremidóba (1916) や,『ツァピラーリア』 Capillária (21) などの代表作を発表した。作者自身の脳手術の体験を綴った『わが頭蓋骨周遊記』 Utazás a koponyám körül (38) も有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カリンティ【Karinthy Frigyes】

1887‐1938
ハンガリーの作家。医師を志したが,旺盛な好奇心と自由な生き方を求め新聞記者となる。作家の文体をパロディ化した《君たちの文体》(1912)で一躍ユーモア作家として人気を博したが,後には鋭い風刺的作品を書いた。代表作に,男と女の関係をテーマにした《ファレミドー》(1916),《ガリバー旅行記》の続編として書かれた《ツァピラーリ》(1922),自身の脳手術の体験記《頭蓋骨の旅》(1937)などがある。【岩崎 悦子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カリンティ
かりんてぃ
Karinthy Frigyes
(1887―1938)

ハンガリーの小説家。医者を志したが、文学を捨てきれず、ユーモア作家として出発。哲学、自然科学へも関心を寄せ、多彩な才能を発揮した。グロテスクな手法で人生の不条理や意識下の世界を描き出し、代表作にスウィフトの『ガリバー旅行記』の続編として書かれた『フェレミド旅行記』(1916)や、『ツァピラーリア』(1922)、脳手術の体験記『私の頭蓋骨(ずがいこつ)周遊記』(1937)、風刺的児童文学『お願い、先生』(1916)などがある。短編も多い。[岩崎悦子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のカリンティの言及

【ハンガリー】より

…【家田 修】。。…

※「カリンティ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カリンティの関連キーワード十二世紀ルネサンスハンガリー文学オタカル2世

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android