コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリンティ カリンティ Karinthy Frigyes

3件 の用語解説(カリンティの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カリンティ
カリンティ
Karinthy Frigyes

[生]1887.6.24. ブダペスト
[没]1938.8.29. シオーフォク
ハンガリーの作家。小説,戯曲,詩,評論,翻訳など多面的な文筆活動を行なったが,特に風刺小説にすぐれた作品を残した。初めユーモラスな短編や,諸作家の文体模写で人気を博し,やがて J.スウィフトの『ガリバー旅行記』の続編としての『ファレミド旅行記』 Utazás Faremidóba (1916) や,『ツァピラーリア』 Capillária (21) などの代表作を発表した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

カリンティ【Karinthy Frigyes】

1887‐1938
ハンガリーの作家。医師を志したが,旺盛な好奇心と自由な生き方を求め新聞記者となる。作家の文体をパロディ化した《君たちの文体》(1912)で一躍ユーモア作家として人気を博したが,後には鋭い風刺的作品を書いた。代表作に,男と女の関係をテーマにした《ファレミドー》(1916),《ガリバー旅行記》の続編として書かれた《ツァピラーリ》(1922),自身の脳手術の体験記《頭蓋骨の旅》(1937)などがある。【岩崎 悦子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カリンティ
かりんてぃ
Karinthy Frigyes
(1887―1938)

ハンガリーの小説家。医者を志したが、文学を捨てきれず、ユーモア作家として出発。哲学、自然科学へも関心を寄せ、多彩な才能を発揮した。グロテスクな手法で人生の不条理や意識下の世界を描き出し、代表作にスウィフトの『ガリバー旅行記』の続編として書かれた『フェレミド旅行記』(1916)や、『ツァピラーリア』(1922)、脳手術の体験記『私の頭蓋骨(ずがいこつ)周遊記』(1937)、風刺的児童文学『お願い、先生』(1916)などがある。短編も多い。[岩崎悦子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカリンティの言及

【ハンガリー】より

…【家田 修】。。…

※「カリンティ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カリンティの関連キーワードブダペスト弦楽四重奏団ブダブダペシュトブダペスト交響楽団ブダペスト祝祭管弦楽団ブダペスト・フィルハーモニー管弦楽団ブダペスト秋の祭典ブダペスト春の祭典ブダペスト・バロック・フェスティバルブダペストの要塞

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone