コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルエッサラーエルディン Qal‘at Salah El-Din

デジタル大辞泉の解説

カル‐エッサラー‐エル‐ディン(Qal‘at Salah El-Din)

シリア西部にある中世の城塞。創建は定かでなく、名称は12世紀に十字軍を破ったサラディンにちなむ。2006年、クラック‐デ‐シュバリエとともに「クラック‐デ‐シュバリエとカル‐エッサラー‐エル‐ディン」として世界遺産(文化遺産)に登録。2013年、国内騒乱による破壊などが理由で危機遺産に登録された。カラット‐サラーフ‐アッディーン。サラディン城。サラディーン城。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android