コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルクアレナイト calcarenite

岩石学辞典の解説

カルクアレナイト

砂程度の大きさの炭酸塩の粒からなる堆積岩で,膠結物がある場合もない場合もある.炭酸塩粒は化学的または生化学的な起源で,魚卵状,骸晶屑などのものからなっている.この粒はintrabasinalに由来するが,これとは反対にcalclithitesはextrabasinalな岩屑に由来する[Grabau : 1904, Bissell & Chilingar : 1967].intrabasinalは堆積盆地内の意味.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone