コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルクアレナイト calcarenite

岩石学辞典の解説

カルクアレナイト

砂程度の大きさの炭酸塩の粒からなる堆積岩で,膠結物がある場合もない場合もある.炭酸塩粒は化学的または生化学的な起源で,魚卵状,骸晶屑などのものからなっている.この粒はintrabasinalに由来するが,これとは反対にcalclithitesはextrabasinalな岩屑に由来する[Grabau : 1904, Bissell & Chilingar : 1967].intrabasinalは堆積盆地内の意味.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

カルクアレナイトの関連キーワード石灰砂岩

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android