コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルデラ噴火のリスク

1件 の用語解説(カルデラ噴火のリスクの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

カルデラ噴火のリスク

九州は阿蘇、加久藤、姶良(あいら)、阿多、鬼界と南北にカルデラが並ぶ。これらによる巨大噴火は最近12万年間で計7回と低頻度で、防災上は考慮されていない。実際に起こる場合、何らかの前兆はあるとみられている。

(2006-09-01 朝日新聞 朝刊 福岡 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カルデラ噴火のリスクの関連キーワード阿蘇霧島火山帯阿多福阿多福豆阿多福面灰石シリコンアイランド泥溶岩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone