カルナック(読み)かるなっく(英語表記)Karnak

  • 古代エジプトの神域

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古代エジプトの、もっとも壮大な神殿群を収めた神域。上エジプトのルクソールの北方4キロメートルに位置する。神域は1辺約1.5キロメートルと、他辺約0.8キロメートルの長方形で、ここに紀元前2000年の第12王朝の2番目の王センウスレト1世から前2世紀のプトレマイオス8世に至る歴代の王が、神殿、塔門、彫像を建てた。中央にアメン神に捧(ささ)げた神殿群があり、その参入路には40頭のスフィンクスが並び、第1塔門は幅113メートル、奥行15メートル。その後ろに、神域の中でもっとも注目される第19王朝のセティ1世とラムセス2世が建てた大列柱ホールがある。102メートル×53メートルの長方形のこのホールは、134本の大列柱で屋根を支えている。中央部の12本はとくに大きく、高さは23メートル、円周は10.6メートルに達する。アメン神殿群の神域の北にモントゥ神に捧げた神殿群、南にムート神の神殿群がある。この神域のある古代都市テーベ(ルクソール)と墓地遺跡は1979年に世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。[酒井傳六]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アルコール依存症

飲酒によって一時的に、不安や緊張感、気分の落ち込みなどが緩和されるが、次第に飲まずにはいられない精神状態になり、同じような酔いを得るための飲酒量が増大していく(耐性)。身に付いてしまった大量頻繁な飲酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カルナックの関連情報