コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルバート Edward Calvert

世界大百科事典 第2版の解説

カルバート【Edward Calvert】

1799‐1883
イギリスの版画家。デボンシャーに生まれる。王立アカデミーで学んだ後,晩年のブレークを囲んでS.パーマーらとグループ〈古代人(エインシエンツ)〉を結成。そのショアハム時代(1824‐31)にブレークの《バージルの田園詩》に感銘を受けた版画13点を制作。この時代の木口木版が彼の芸術を代表する。至福の牧歌的生活を主題とした詩情あふれるその作品には,素朴さの中にブレーク流の幻視者の目が潜んでいる。後年凡庸な絵画制作に転じた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルバート

ボルティモア(男)」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のカルバートの言及

【橋】より

…土木工学上の専門用語では橋梁(きようりよう)ともいう。交通路の下に空間を有し,橋と同じ目的をもつが,ひとまたぎする長さ(支間あるいはスパンという)がとくに小さく,土被り(どかぶり)(上部の土)などの荷重も支えるように設計された構造物はカルバートculvert(溝渠)と称する。どの程度以上の長さのものを橋というかは必ずしも明確でないが,日本の道路技術基準では2m以上の支間としている。…

※「カルバート」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カルバートの関連キーワードパーマー(Samuel Palmer)グリーン・アンド・グリーンロバート グラッブス滋賀県長浜市落合町テート・ギャラリー旭コンクリート工業メリーランド大学ウィルキンソンワーズワース湯山大一郎前田荘助千葉窯業グラブストーニー相平衡虎姫革命靴下

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カルバートの関連情報