コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルル11世 カルルじゅういっせいKarl XI

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルル11世
カルルじゅういっせい
Karl XI

[生]1655.11.24. ストックホルム
[没]1697.4.5. ストックホルム
スウェーデン王 (在位 1660~97) 。カルル 10世の子。 1672年より親政。その治世には学芸の振興と首府ストックホルムの発展がみられ,父王カルルが征服したデンマーク=ノルウェー領の諸州がスウェーデン=フィンランドに完全に統合された。グスタフ1世以来の対外戦争のため,財政的必要から多くの王領地が売却され,土地貴族が勢力をふるっていたが,親政後ただちに,デンマークに奪われたスコネ地方を回復 (79) して,失地の責任を追及。商工業者と結んで,土地還元令を更新し,貴族の大土地所有の没収に成功,王領地は再び全国土の 30%をこえた。取返した王領地と自営農民を基礎に,陸海軍を再建整備し,官僚制を組織して絶対王政を確立した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

カルル11世

生年月日:1655年11月24日
スウェーデン王(在位1660〜97)
1697年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

カルル11世の関連キーワードカールスクローナの軍港カルルスクルーナカルル12世生年月日ルンド在位

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android