コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルロス[4世] Carlos IV

世界大百科事典 第2版の解説

カルロス[4世]【Carlos IV】

1748‐1819
スペイン王。在位1788‐1808年。カルロス3世の第2子。ナポリに生まれ,1765年パルマ公の娘マリア・ルイサと結婚。フランス革命期の混乱したスペインの国内をまとめる能力に欠け,寵臣に国政を任せた。なかでも王妃の愛人といわれるゴドイを重用し,宰相とした。ゴヤの大作《カルロス4世の家族》に,個性のない国王の姿が描き出されている。1805年のトラファルガー海戦で全艦隊を失い,07年のナポレオン軍のイベリア半島侵入を許す密約で国民の怒りを買い,08年3月王子フェルナンド(のちの7世)によるアランフエスの暴動で王子に位を譲った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のカルロス[4世]の言及

【スペイン】より


[スペイン継承戦争]
 スペインの18世紀は,このような状況下で,スペイン継承戦争を端緒に始まった。この戦争は,カルロス2世(在位1665‐1700)の死後に空位となったスペインの王座とヨーロッパの覇権をめぐる列強間の国際的な戦いであると同時に,スペイン国内では,1939年までやむことなく続く内戦のプロローグであった。フランスの中央集権国家体制をスペインに移植することを意図したカスティリャ王国は,フランス王ルイ14世(王妃はカルロス2世の姉マリア・テレサ)の孫アンジュー公フィリップを擁立した。…

【フェルナンド[7世]】より

…在位1808,14‐33年。カルロス4世の子で,1808年3月アランフエスの暴動によってカルロス4世は王子フェルナンドへ王位を譲渡させられた。しかし,スペインを侵略し始めていたナポレオンにバイヨンヌへ呼ばれたフェルナンド7世は父カルロス4世に王位を返還させられた。…

※「カルロス[4世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カルロス[4世]の関連キーワード常磐津文字太夫橋本宗吉大槻朝元吉田文三郎(初代)クロプシュトック寛延クロプシュトックイギリス・フランス植民地戦争人間機械論(ラ・メトリの著書)ラ・メトリ

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android