コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルーガ(ダウリアチョウザメ)

1件 の用語解説(カルーガ(ダウリアチョウザメ)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

カルーガ(ダウリアチョウザメ)

大型の古代魚、チョウザメの一種。ロシアアムール川流域及びオホーツク沿岸に生息する。最大5〜6メートル、1トンにまで成長する。ごくまれに北海道沿岸まで回遊する。卵は4ミリ近くにまで達し、最高級とされベルーガキャビアと同等の大きさ。現在のチョウザメの養殖は、ベルーガと小型のスターレット人工交配したベステルが主流になっている。

(2007-06-17 朝日新聞 朝刊 北海道総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カルーガ(ダウリアチョウザメ)の関連キーワードアオザメアゾフ海チョウザメシュモクザメ藍鮫興醒め興醒めるコロシアム小ロシア蝶鮫

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone