コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カレスグループ

1件 の用語解説(カレスグループの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

カレスグループ

日本製鋼所の企業内病院として作られた日鋼記念病永室蘭市)が発祥。「医療と経営の分離」を掲げ、05年に国内初の医療機関債を発行するなど新たな資金調達を模索してきた。経営難に陥った道内の病院から経営継承を求められ、傘下には札幌市の北光記念病陰天使病陰時計台記念病院などがある。スクウェア・ワンは、カレスグループが道外の病院に呼びかけ、医薬品仕入れコスト削減のため設立した仕入れ会社。グループとの資本関係はなく、最近は独立色を強めている。

(2006-12-04 朝日新聞 朝刊 北海道総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カレスグループの関連キーワード顧客志向の企業競争志向の企業市場志向の企業佐渡島土壁松沢病院田宮嘉右衛門藤井寛

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone