コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カレル橋 カレルバシ

3件 の用語解説(カレル橋の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

カレル‐ばし【カレル橋】

Karlův most》チェコの首都プラハ中心部、ブルタバ川に架かる橋。神聖ローマ皇帝カール4世(ボヘミアカレル1世)の命により、14世紀から15世紀にかけてに建造。ヨーロッパに現存する最古の石造橋。全長約520メートル、幅約10メートル。橋の両側の欄干に合計30体の聖人の彫像が並ぶ。橋と橋塔はゴシック様式、聖人像はバロック様式のものが多い。1992年、「プラハ歴史地区」の名で世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

カレルばし【カレル橋】

チェコの首都プラハにある橋。ヴルタヴァ川にかかるプラハで最古の橋で、1357年、神聖ローマ皇帝カール4世の命によって建設が始められた。全長520m、幅約10mのゴシック様式の橋で、欄干(らんかん)の両側には15体ずつ計30体の、聖書に登場する聖人やチェコの英雄などの像が並んでいる。石造りの橋としてはヨーロッパ最古で、車両は通行できず、歩行者だけが渡れる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カレル橋
かれるきょう
Karluv Most

チェコの首都、プラハ市内のモルダウ川ブルタバ川)に架けられた多径間の石造アーチ橋で、全長は約500メートルある。カール4世によって計画され、14世紀中ごろから16世紀初頭に至る長い年月をかけて完成した。橋の本体は中世の様式であるが、橋門のタワーや彫像を配した高欄などに、ルネサンスへのつながりをみることができる貴重な橋で、ヨーロッパにおける名橋の一つに数えられる。この橋のあるプラハの歴史地区は1992年に世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。[堀井健一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカレル橋の言及

【ネポムク】より

…チェコ語ではヤン・ネポムツキーJan Nepomucký。大司教と争っていたボヘミア王バーツラフ4世によって逮捕され,拷問を受けたのち,プラハのカレル橋上からブルタバ川に突き落とされた。列聖式は1729年に行われたが,民間に根強く残るフス信仰に対抗するために反宗教改革の一環として列聖されたともいわれる。…

※「カレル橋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カレル橋の関連キーワードスロバキア語チェコチェコスロバキアプラハ城ペトシーン公園ヨゼホフルドルフィヌムチェチェン[共和国]トルコ共和国ボヘミア盆地

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カレル橋の関連情報