カレンシー・ボード制(Currenncy Board Arrangement, CBA)

外国為替用語集の解説

カレンシー・ボード制(Currenncy Board Arrangement, CBA)

自国通貨をドルなどのハード・カレンシーに固定し、自国で貨幣供給量を増やす事ができるのは、それに見合った外貨準備がある時のみという制度。仮に通貨攻撃があった場合でも、十分な外貨を蓄えていれば危機に対処できると考えられており、香港が代表的。アルゼンチンにおいて1991年導入され、インフレ沈静などの効果を上げたが景気後退時に対応できず、2002年、自由変動為替制に戻した。

出典 (株)マネーパートナーズ外国為替用語集について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android