コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カレンシー・ボード制(Currenncy Board Arrangement, CBA)

1件 の用語解説(カレンシー・ボード制(Currenncy Board Arrangement, CBA)の意味・用語解説を検索)

外国為替用語集の解説

カレンシー・ボード制(Currenncy Board Arrangement, CBA)

自国通貨をドルなどのハード・カレンシーに固定し、自国で貨幣供給量を増やす事ができるのは、それに見合った外貨準備がある時のみという制度。仮に通貨攻撃があった場合でも、十分な外貨を蓄えていれば危機に対処できると考えられており、香港が代表的。アルゼンチンにおいて1991年導入され、インフレ沈静などの効果を上げたが景気後退時に対応できず、2002年、自由変動為替制に戻した。

出典|(株)マネーパートナーズ
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カレンシー・ボード制(Currenncy Board Arrangement, CBA)の関連キーワードキーカレンシーハードカレンシーユーロカレンシー支払勘定建相場通貨バスケットカレンシー(Currency)ハード・カレンシー(Hard Currency)ペッグ制(Pegged exchange rate system)メジャー・カレンシー(Major Currency)マイナーカレンシー

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone