コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カレーと日本人

1件 の用語解説(カレーと日本人の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

カレーと日本人

最初のカレー目撃記録は、1863年の遣欧使節団にいた三宅秀が日記に書いた、船に乗り合わせたインド人の食べた「至って汚き」ものとされる。英国経由で日本に伝わり、最古のレシピは「西洋料理指南」(1872年刊)にある。エスビー食品の計算では、日本人は1人あたり年に79回食べている。

(2007-07-21 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カレーと日本人の関連キーワードカレーライスキーマカレー遣欧ドライカレー目撃カツカレーウィリアムMサッカレー川崎道民最初の拒絶理由通知ダールカレー

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone