コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カレー毒物混入事件

1件 の用語解説(カレー毒物混入事件の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

カレー毒物混入事件

98年7月25日、和歌山市園部の民家のガレージで調理されたカレーの鍋に、猛毒のヒ素(亜ヒ酸)が混入された。園部第14自治会の夏祭りでこのカレーを食べた自治会長(当時64)、同副会長(同53)の男性2人と高校1年の女子生徒(同16)、小学4年の男児(同10)の計4人が死亡。他に住民ら63人が急性ヒ素中毒になったが、このうち20人は、乳幼児小学生だった。

(2009-04-22 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カレー毒物混入事件の関連キーワード和歌山市和歌山県立医科大学和歌山大学和歌山市のカレー毒物混入事和歌山市のカレー毒物混入事件JR紀勢線遠藤慎司志賀法立正津村重兵衛鳥山啓

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カレー毒物混入事件の関連情報