コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カロフ Calov(Calovius), Abraham

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カロフ
Calov(Calovius), Abraham

[生]1612
[没]1686
ドイツの厳格なルター派正統主義神学者。ケーニヒスベルクで学び,同大学の助教授 (1639) ,ダンチヒのギムナジウム校長 (43) ,ウィッテンベルクの神学教授 (50~52) を経て総監督となる (52) 。彼はルター派正統主義の主要な擁護者であり,彼の 12巻の『組織神学通論』 Systema locorum theologicorum (55~77) は,ルター派正統主義の教義の特徴を示す重要な文献である。敬虔主義,ソッツィーニ主義と激しい論争を何度も行なった。また,自由主義的な聖書解釈に批判的で,主著『聖書解説』 Biblia illustrata (4巻,72~76) においては H.グロチウスを批判しつつ,「聖書にのみ基づく神学」の立場を展開した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カロフの関連キーワードアレクセイ・フオン ヤウレンスキーアレクサンダー ガブリリュクanimal spiritsジョセフ スティグリッツニコライ ポゴージンマイケル スペンスベレシチャーギンウィッテンベルクスティグリッツオレンブルグカラガンダ州トゥンジャ川ポゴージン貝谷八百子3月8日マカロフ藤井較一イエレンスペンス日本海

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android