コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カロムと闘球盤

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

カロムと闘球盤

カロムはエジプト発祥のゲームとされ、日本には明治末期から大正初期にかけて伝わったと見られている。昭和に入って全国に広がり、地域によっては、闘球盤という名称で親しまれた。56年の第一次南極観測隊がカロムを昭和基地に持ち込み、隊員たちが楽しんだ。彦根市では88年から毎年、日本カロム選手権大会を開催している。彦根のカロムと雫石の闘球盤で大きく違うのは駒の穴の有無。闘球盤の駒には穴があり、穴に中指を入れてはじく。

(2006-11-10 朝日新聞 朝刊 岩手全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android