コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カロライン[アンスバハ] Caroline of Ansbach; Wilhelmina Carolina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カロライン[アンスバハ]
Caroline of Ansbach; Wilhelmina Carolina

[生]1683.3.1. アンスバハ
[没]1738.11.20. ロンドン
イギリス王ジョージ2世の妃。キャロラインとも表記される。ドイツのブランデンブルク・アンスバハ辺境伯ヨハン・フリードリヒの娘。新教徒のゆえに二,三のドイツ諸侯家との縁談破談になった末,1705年ハノーバー家のジョージと結婚。 14年義父がジョージ1世としてイギリス王位を継いだため,同年皇太子妃として夫とともに渡英。 27年夫の即位により王妃になった。 R.ウォルポールを積極的に支持し,夫の不在中は摂政をつとめ,文化を保護し,宗教的には寛容支持者で,よく夫を助けたが,長男フレデリック・ルイスとは疎遠であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カロライン[アンスバハ]の関連キーワードオイゲン[サボイ公]ペドロ2世[ポルトガル王]伊藤仁斎オイゲン算額伊藤梅宇ウォルトンおさん茂兵衛隠し衣装コルベール