コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カロライン[ブランズウィック] Caroline of Brunswick; Karoline Amalie Elisabeth

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カロライン[ブランズウィック]
Caroline of Brunswick; Karoline Amalie Elisabeth

[生]1768.5.17. ブラウンシュワイク
[没]1821.8.7. ロンドン
イギリス王ジョージ4世の妃。キャロラインとも表記される。ブラウンシュワイク (ブランズウィック) 公カルル・ウィルヘルム・フェルディナントの次女。 1795年皇太子時代のジョージと結婚したが,ジョージはすでに 85年以来カトリックの一婦人と内縁関係にあり,96年の長女誕生後まもなく,カロラインは夫と別居。 1820年ジョージの即位に際して,彼女が王妃としての権利を主張すると,王と政府は離婚法案を議会に提出した。しかし,世論が王妃を支持し,不成立に終ったものの重大な政治問題となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カロライン[ブランズウィック]の関連キーワードブルース(James Bruce)斑糲岩クチュクカイナルジ条約グラフトン(公)バール連盟露土戦争アークライトエカチェリーナ(2世)蒲生君平硫黄山(いおうやま)

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android