コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カロル[1世] Carol I

世界大百科事典 第2版の解説

カロル[1世]【Carol I】

1839‐1914
ルーマニア国王。在位1881‐1914年。ホーエンツォレルン・ジークマリンゲン公。軍人となりプロイセン首相を務めたのち,1866年に列強の後ろだてでルーマニア公,81年には同国の初代国王となった。プロイセンの兵制にならってルーマニア軍を改編し,外交上も親ドイツ・オーストリア政策を推進したが,第1次世界大戦勃発直後にひらかれた御前会議で国王の主張はいれられず,ルーマニアは中立の立場をとった。王妃はカルメン・シルバCarmen Sylvaの筆名で知られる詩人。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カロル[1世]の関連キーワード牧野省三第一次世界大戦史(年表)チャップリンセネット第一次世界大戦グリフィスタンジマートオブレノビチ家ショパン高野長英

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android