コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カワイルカ(河海豚) カワイルカ

百科事典マイペディアの解説

カワイルカ(河海豚)【カワイルカ】

河川や沿岸域に生息する吻(ふん)の長い原始的な鯨目カワイルカ科に属するハクジラの総称。この科の仲間には,ガンジスカワイルカインダスカワイルカアマゾンカワイルカヨウスコウカワイルカ(バイジー),ラプラタカワイルカの5種がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カワイルカ【カワイルカ(河海豚) river dolphin】

河川あるいは沿岸域に生息する吻(ふん)の長い原始的な特徴をとどめた歯クジラ類カワイルカ科Platanistidaeに属する哺乳類の総称。第三紀中新世には南・北両アメリカ大陸の東西岸や日本からも知られ,現在より分布が広かった。その後発展したマイルカ類に圧迫され,地方的に4属が生き残ったらしい。中新世には,すでに今日の各系統への分化が明らかであり,現生種も互いに共通性が少ないのでそれらを3~4科に分け,全体をカワイルカ上科Platanistoideaとすることもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android