コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カワゲラ類 カワゲラるいPlecoptera; stonefly

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カワゲラ類
カワゲラるい
Plecoptera; stonefly

カワゲラ目に属する昆虫の総称。せき翅 (せきし) 類ともいう。中型ないし大型で,体は細長く扁平で軟らかい。頭部は大きく,糸状の長い触角がある。口器は咀嚼型であるが,多くは退化している。複眼は小さく,単眼は普通2~3個あるがないものもある。腹部は 11節から成り,腹端に2本の尾毛がある。肢はよく発達し,跗節は3節。2対のは脈が多く,ほぼ同長であるが,後翅のほうが広い。なお翅の退化したものもある。飛翔は弱く,昼間水辺の物陰などに隠れ,夜間灯火に集ることが多い。半変態をし,成虫は多くは初夏に出現する。若虫は水生で,外形や触角,尾肢は成虫と類似し,特殊化した鰓 (気管鰓) をもつものもある。アミメカワゲラ Perlodidae,カワゲラ Perlidae,トワダカワゲラ Scopuridae,クロカワゲラ Capniidaeなどの諸科から成る。クロカワゲラ科のセッケイカワゲラ Eocapnia nivalisは体長 10mm内外,体は黒色で細長く,雌雄ともに無翅あるいは痕跡翅しかない。雪の上にみられることで有名で,北海道,本州に産し,平地では早春に,高山帯では夏季に出現する。 (→昆虫類 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カワゲラ類の関連キーワードカワガラスオイカワトビケラカゲロウユキムシ上野益三ザザムシ襀翅類カジカ側心体脈翅類

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android