コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カワゴケソウ(川苔草) カワゴケソウCladopus japonicus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カワゴケソウ(川苔草)
カワゴケソウ
Cladopus japonicus

カワゴケソウ科の多年草。流水中に生育する。根は2~3回分枝し,茎は平らになって,流れの速い川の岩石をおおうように着生しているため,一見コケ類のようにみえる。茎のところどころに 5mmほどの針状の葉を束生する。9月頃,葉の出ている部分から2~3mmの小茎を出し,その頂に花をつける。花にはおしべめしべが1本ずつあり,おしべには線形の花被鱗片がついている。子房上半が淡紅色。 蒴果は球形で短い柄をもち,上半が斜めにはずれて開裂する。 1927年,鹿児島県の久富木川で発見されて以来,川内川安楽川など南九州の急流中にだけ見出されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カワゴケソウ【カワゴケソウ(川苔草) Cladopus japonicus Imamura】

南九州の渓流中の岩に付着するカワゴケソウ科の多年草(イラスト)。1927年に今村駿一郎が,鹿児島県の久富木川で発見し,その後,川内川,安楽川にも分布が確認されている。コケ植物のように見えるが,流水中の生活に適応して非常に特殊化した体制をもつ被子植物である。深緑色の扁平な器官が羽状に分枝しながら岩の表面をおおうが,これは根であり,付着器官であるとともに主要な光合成器官でもある。葉はところどころに束生する5mm程度の針状のものに退化している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android