コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カワゴロモ(川衣) カワゴロモHydrobryum japonicum Imamura

世界大百科事典 第2版の解説

カワゴロモ【カワゴロモ(川衣) Hydrobryum japonicum Imamura】

南九州の渓流の岩に付着する,コケによく似たカワゴケソウ科多年草鹿児島県の雄川,神川,高須川,宮崎県の大淀川などの上流にまれに生育する。属の学名Hydrobryumは,〈水中のコケ〉の意味で,コケ植物に似た形をしている。扁平で緑色の根によって固着し,光合成を行う点はカワゴケソウと同じだが,カワゴケソウの葉状の根が羽状に分枝するのに対し,カワゴロモでは円形である。本当の葉は糸状または鱗片状で長さ1cm程度。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone