コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カワゴロモ(川衣) カワゴロモ Hydrobryum japonicum Imamura

1件 の用語解説(カワゴロモ(川衣)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カワゴロモ【カワゴロモ(川衣) Hydrobryum japonicum Imamura】

南九州の渓流の岩に付着する,コケによく似たカワゴケソウ科多年草鹿児島県の雄川,神川,高須川,宮崎県の大淀川などの上流にまれに生育する。属の学名Hydrobryumは,〈水中のコケ〉の意味で,コケ植物に似た形をしている。扁平で緑色の根によって固着し,光合成を行う点はカワゴケソウと同じだが,カワゴケソウの葉状の根が羽状に分枝するのに対し,カワゴロモでは円形である。本当の葉は糸状または鱗片状で長さ1cm程度。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カワゴロモ(川衣)の関連キーワードシロボヤ南九州市川海苔虚仮にする苔庭似付く紫貽貝磯牡蠣展着南九州

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone