カワゴンドウ(河巨頭)(読み)カワゴンドウ(英語表記)Irrawaddy dolphin

世界大百科事典 第2版の解説

カワゴンドウ【カワゴンドウ(河巨頭) Irrawaddy dolphin】

歯クジラ亜目マイルカ科の哺乳類。ベンガル湾から北オーストラリア,インドネシア,インドシナ半島などの沿岸河川に生息する丸い大きな頭をもつ小型イルカ。イラワジ川メコン川マハカム川などでは河口から500~1000km上流にまで分布し,その場所で一生を終えるらしい。体長2~2.2m。背面青黒色で,体側は淡く,腹面は白い。背びれは小さく低いが,胸びれは大きい。歯は上下左右それぞれ12~17本ある。7個の頸椎が全部遊離している点は原始的な特徴である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android