カワサキ500SSマッハIII

デジタル大辞泉プラスの解説

カワサキ500SSマッハIII

カワサキ(川崎重工業)が1969年から製造・販売したオートバイ。総排気量498cc(大型自動二輪車)。エンジン形式は空冷2ストローク3気筒。世界一の加速と最高速を目指して開発され、市販車初の時速200キロメートルを達成したことで知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android