コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カワシンジュガイ(川真珠貝) カワシンジュガイMargaritifera laevis

1件 の用語解説(カワシンジュガイ(川真珠貝)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カワシンジュガイ【カワシンジュガイ(川真珠貝) Margaritifera laevis】

山間の清流にすむカワシンジュガイ科の二枚貝イラスト)。ときどき殻内に真珠をもつのでこの名がある。殻の長さ11.5cm,高さ5cm,膨らみ3.3cm。やや厚く,長卵形で膨らみは弱く,下側の縁は緩く中央部がややくぼむ。表面は幼貝では平滑で黄褐色であるが,成長すると黒色になり,殻頂のところは皮がとれて白くなっている。内面は強い真珠光沢がある。グロキジウム幼生は内外2枚のえらにある保育囊の中で育てられ,次にサケ・マス類の魚のえら,ひれ,体表などにかぎで付着し,栄養を吸い取って成長してから,魚を離れて水底に落ちて幼貝になる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone