コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カワシンジュガイ(川真珠貝) カワシンジュガイ Margaritifera laevis

1件 の用語解説(カワシンジュガイ(川真珠貝)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カワシンジュガイ【カワシンジュガイ(川真珠貝) Margaritifera laevis】

山間の清流にすむカワシンジュガイ科の二枚貝イラスト)。ときどき殻内に真珠をもつのでこの名がある。殻の長さ11.5cm,高さ5cm,膨らみ3.3cm。やや厚く,長卵形で膨らみは弱く,下側の縁は緩く中央部がややくぼむ。表面は幼貝では平滑で黄褐色であるが,成長すると黒色になり,殻頂のところは皮がとれて白くなっている。内面は強い真珠光沢がある。グロキジウム幼生は内外2枚のえらにある保育囊の中で育てられ,次にサケ・マス類の魚のえら,ひれ,体表などにかぎで付着し,栄養を吸い取って成長してから,魚を離れて水底に落ちて幼貝になる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カワシンジュガイ(川真珠貝)の関連キーワード真珠貝ミルガイ鏡貝川真珠貝淡水真珠花貝翁貝象貝皿貝忘貝