コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カワシンジュガイ(川真珠貝) カワシンジュガイMargaritifera laevis

世界大百科事典 第2版の解説

カワシンジュガイ【カワシンジュガイ(川真珠貝) Margaritifera laevis】

山間の清流にすむカワシンジュガイ科の二枚貝(イラスト)。ときどき内に真珠をもつのでこの名がある。殻の長さ11.5cm,高さ5cm,膨らみ3.3cm。やや厚く,長卵形で膨らみは弱く,下側の縁は緩く中央部がややくぼむ。表面は幼貝では平滑で黄褐色であるが,成長すると黒色になり,殻頂のところは皮がとれて白くなっている。内面は強い真珠光沢がある。グロキジウム幼生は内外2枚のえらにある保育囊の中で育てられ,次にサケ・マス類の魚のえら,ひれ体表などにかぎで付着し,栄養を吸い取って成長してから,魚を離れて水底に落ちて幼貝になる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

カワシンジュガイ(川真珠貝)の関連キーワード山間

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android