コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カワノリ(川海苔) カワノリPrasiola japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カワノリ(川海苔)
カワノリ
Prasiola japonica

緑藻類カワノリ目カワノリ科に属する淡水藻。山間の渓流に絶えず洗われているような岩の上に着生する。藻体は扁平,下端は仮根状になっている。通常長さ 10cmほどであるが,最大のものは 20cm以上になる。顕微鏡的に調べると細胞は1~2層の細胞層をなし,各細胞には星状の葉緑体ピレノイドおよび核がみられる。細胞は 16に分裂して大配偶子となり,64~128に分裂して小配偶子となる。大小の配偶子はともに2頂毛を有し,遊泳ののち接合する。日本特産種で太平洋に流出する川のかなり上流にのみ分布している。採取し,すいて食用にする。主要細胞壁成分はキシロマンナン。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カワノリ(川海苔)の関連キーワード

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android