コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カワノリ(川苔) カワノリPrasiola japonica Yatabe

世界大百科事典 第2版の解説

カワノリ【カワノリ(川苔) Prasiola japonica Yatabe】

山地の渓流に生育し,食用とする美しい緑色をした葉状のカワノリ科の緑藻。薄い葉状体は鮮緑色で,大きさ1~15cm,幅0.5~4cmになる。海産緑藻のヒトエグサと同じように,体は1層の細胞からなるが,ヒトエグサの葉緑体が板状ないし膜状であるのに対し,カワノリの葉緑体は星状である。卵と精子の受精による有性生殖を行うほかに,単胞子形成による無性生殖も行う。福島県以南の太平洋沿岸に注ぐ河川の上流の,きれいな水の流れるところの岩上に生育する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のカワノリ(川苔)の言及

【淡水藻】より

… 淡水藻の中には食用として利用されるものがある。おもなものにタンパク質を多量に含み栄養価の高い緑藻のクロレラとラン藻のスピルリナ,美味で干しノリまたはあえ物や吸物などの具として珍重される緑藻のカワノリ,ラン藻のスイゼンジノリとカワタケNostoc verrucosum (L.) Vaucher,中国料理に使われるハッサイ(髪菜)Nostoc commune Vaucher var.flagelliformis (Burk.et Curt) Bornet et Flach.などがある。とくにクロレラとスピルリナは光合成による高い生産性を示すので食品として注目を集め,すでに人工養殖が企業化されている。…

※「カワノリ(川苔)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android