カワラタケ(瓦茸)(読み)カワラタケ(英語表記)Coriolus versicolor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カワラタケ(瓦茸)
カワラタケ
Coriolus versicolor

担子菌類ヒダナシタケ目サルノコシカケ科のキノコクモタケ (雲茸) の名もある。子実体半円形で,多数折重なって群生するさまが瓦をふいたようにみえ,また雲が重なったようにみえるので,それぞれの名がつけられた。最も普通にいろいろの枯れた材に側生する。柄はない。半径1~5cm,厚さ1~2mm。傘の表面は白色黄褐色暗褐色,灰色,黒色などいろいろになる。上面にはしばしば輪紋がみられる。胞子は無色。木材の白腐れ病を起す害菌である。汎世界的に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android