コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンザス・ネブラスカ法 カンザスネブラスカほう Kansas‐Nebraska Act

1件 の用語解説(カンザス・ネブラスカ法の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カンザスネブラスカほう【カンザス・ネブラスカ法 Kansas‐Nebraska Act】

アメリカ合衆国のルイジアナ購入地域のなかのミズーリ川ロッキー山脈に挟まれた地方に,カンザスネブラスカの2準州をおき,移住民に開放した法律で,1854年5月30日成立。奴隷制の可否を住民自身に決定させるという〈人民主権〉の原則をこれらの準州に採用した同法は,北緯36゜30′以北の準州で奴隷制を禁止した1820年の南北妥協案〈ミズーリ協定〉を正式に撤廃した。この法律は,ミシシッピ川以西への移住民の増加という背景の中で,西部の発展,シカゴ以西の大陸横断鉄道建設を願うイリノイ州民主党連邦上院議員スティーブンダグラスが推進し,西部を奴隷制に開放することを主張した南部議員の支持をうけた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カンザス・ネブラスカ法の関連キーワードアングロアメリカ北アメリカアメリカンインディアナ合衆国ネブラスカルイジアナ亜米利加アメリカ連合国アメリカン・ヘアレス・テリア

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone