コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンザス・ネブラスカ法 カンザスネブラスカほうKansas‐Nebraska Act

世界大百科事典 第2版の解説

カンザスネブラスカほう【カンザス・ネブラスカ法 Kansas‐Nebraska Act】

アメリカ合衆国のルイジアナ購入地域のなかのミズーリ川とロッキー山脈に挟まれた地方に,カンザスネブラスカの2準州をおき,移住民に開放した法律で,1854年5月30日成立。奴隷制の可否を住民自身に決定させるという〈人民主権〉の原則をこれらの準州に採用した同法は,北緯36゜30′以北の準州で奴隷制を禁止した1820年の南北妥協案〈ミズーリ協定〉を正式に撤廃した。この法律は,ミシシッピ川以西への移住民の増加という背景の中で,西部の発展,シカゴ以西の大陸横断鉄道建設を願うイリノイ州の民主党連邦上院議員スティーブン・ダグラスが推進し,西部を奴隷制に開放することを主張した南部議員の支持をうけた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

カンザス・ネブラスカ法の関連キーワードダグラス(Stephen Arnold Douglas)リンカーン(Abraham Lincoln)ブキャナン(James Buchanan)ピアース(Franklin Pierce)アメリカ合衆国史(年表)総合年表(アメリカ)シュアードカンザス州南北戦争ピアース共和党

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android