カンザス・ネブラスカ法(読み)カンザスネブラスカほう(英語表記)Kansas‐Nebraska Act

世界大百科事典 第2版の解説

カンザスネブラスカほう【カンザス・ネブラスカ法 Kansas‐Nebraska Act】

アメリカ合衆国のルイジアナ購入地域のなかのミズーリ川ロッキー山脈に挟まれた地方に,カンザスネブラスカの2準州おき,移住民に開放した法律で,1854年5月30日成立。奴隷制の可否を住民自身に決定させるという〈人民主権〉の原則をこれらの準州に採用した同法は,北緯36゜30′以北の準州で奴隷制を禁止した1820年の南北妥協案〈ミズーリ協定〉を正式に撤廃した。この法律は,ミシシッピ川以西への移住民の増加という背景の中で,西部の発展,シカゴ以西の大陸横断鉄道建設を願うイリノイ州の民主党連邦上院議員スティーブン・ダグラスが推進し,西部を奴隷制に開放することを主張した南部議員の支持をうけた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android