コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンジダ膣炎 カンジダちつえん candidiasis

1件 の用語解説(カンジダ膣炎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンジダ膣炎
カンジダちつえん
candidiasis

カンジダ・アルビカンスなどの真菌の感染で起こる膣炎。妊娠すると抵抗力が低下し,感染しやすくなる。白い帯下 (たいげ。下り物) が増え,かゆみを伴う。産道を通るときに感染するので,出産までに膣坐薬や洗浄などの治療をして完治させる必要がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カンジダ膣炎の関連キーワードカンジダ症感冒真菌症爪囲炎トリコマイシン鵝口瘡顕性感染ムコール症指間カンジダ症カンジダ・アルビカンス

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カンジダ膣炎の関連情報