コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンゾウタケ(肝臓茸) カンゾウタケFistulina hepatica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンゾウタケ(肝臓茸)
カンゾウタケ
Fistulina hepatica

担子菌類ヒダナシタケ目カンゾウタケ科のキノコ。色は紅紫色で形,色が動物の肝臓に似ているのでこの名がある。シイまたはカシ古木,まれに他の広葉樹上に生じる。子実体の形は舌状卵形などで,表面扁平。茎は横につく。傘の径は 10~20cm。若いうちに食べることもある。北海道,本州,九州に知られ,北アメリカヨーロッパオーストラリアインドにも分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カンゾウタケ【カンゾウタケ(肝臓茸) beefsteak fungus】

担子菌類カンゾウタケ科のキノコ(イラスト)。シイ,カシなどの生立木を侵し,心材を褐色に腐らす木材腐朽菌である。ヨーロッパ,北アメリカ,アジアに分布し,日本では北海道,本州,九州に産する。梅雨のころと秋に発生し,多汁肉質の子実体は大きさ10~20cmのウシの舌の形になり,上面は濃い紅色を現す。一見動物の肝臓に似た形をするためにこの名が与えられた。欧米では食用に供する。【林 康夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android