コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンタブリア[山脈] Cordillera Cantábrica

世界大百科事典 第2版の解説

カンタブリア[山脈]【Cordillera Cantábrica】

イベリア半島北部,ビスケー湾沿いに東西に連なる山脈。全長約480km。新生代アルプス造山運動により形成された褶曲山脈で,サンタンデルの南東ベサヤ川低地を境に東西に分かれ,東部のバスク山地は東西約200km,幅約100km,起伏はゆるやかで,南でメセタ,エブロ低地に移行し,第三紀の花コウ岩および砂岩で厚くおおわれる。西部のカンタブリア山脈は,東西280km,幅50~100kmで,そのほぼ中央に連なるピコス・デ・エウロパ山塊(最高峰2648m)に代表されるように高峻で,氷河地形ドリーネなどのカルスト地形がみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報