コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンタブリア[山脈] Cordillera Cantábrica

1件 の用語解説(カンタブリア[山脈]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

カンタブリア[山脈]【Cordillera Cantábrica】

イベリア半島北部,ビスケー湾沿いに東西に連なる山脈。全長約480km。新生代アルプス造山運動により形成された褶曲山脈で,サンタンデルの南東ベサヤ川低地を境に東西に分かれ,東部のバスク山地は東西約200km,幅約100km,起伏はゆるやかで,南でメセタ,エブロ低地に移行し,第三紀の花コウ岩および砂岩で厚くおおわれる。西部のカンタブリア山脈は,東西280km,幅50~100kmで,そのほぼ中央に連なるピコス・デ・エウロパ山塊(最高峰2648m)に代表されるように高峻で,氷河地形ドリーネなどのカルスト地形がみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カンタブリア[山脈]の関連キーワードアラビア半島イベロアメリカジブラルタルスペイン語ドウロ川ビスケー湾イタリア半島イベリア半島国土回復戦争イベリア

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone