カンタベリー(読み)かんたべりー(英語表記)Canterbury

翻訳|Canterbury

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カンタベリー(イギリス)
かんたべりー
Canterbury

イギリス、イングランド南東部、ケント県にある都市。ロンドンの東南東約85キロメートルに位置し、スタウア川に臨む。人口13万5287(2001)。イギリスにおけるキリスト教誕生の地で、イギリス国教会(イングランド教会)の総本山カンタベリー大聖堂を中心に発達した宗教・観光都市。597年、アウグスティヌス(カンタベリーの)がローマから派遣され、イギリス人を初めてキリスト教徒に改宗させて以来、この町はイギリス人の魂の故郷として、教会とともに歩んできた。市の中心に位置するゴシック様式の大聖堂は、建築史上貴重な文化財である。その建築には1070年から1180年および1379年から1503年と、前後2回延べ約230年を費やした。中世の雰囲気を漂わせる旧市街は、ノルマン時代にさかのぼる城壁にいまなおなかば囲まれており、西の城門(15世紀)やフランドルから亡命してきた織工たちの家屋(15世紀)などの史跡を残している。城壁外には三つのカレッジと修道院があり、学都の性格もあわせもっている。軽工業が行われるが、観光以外には経済的に重要な産業はない。[久保田武]

歴史

ローマの支配以前から定住がみられたが、紀元後43年のローマ皇帝クラウディウス1世の遠征後、ローマ的都市としておこされ、2世紀末には城壁も設けられた。6世紀末、ケントのエセルバート王Aethelberht(在位560~616)の首都となる。王はフランク王族パリ王カリベルトの娘でキリスト教徒のベルタと結婚したが、その影響もあって、597年ローマ皇帝グレゴリウス1世の派遣したアウグスティヌス(カンタベリーの)を受け人れ、この地の聖マーティン教会で布教することを許した。アウグスティヌスはその後エセルバート王以下多くの人々を改宗させ、ベネディクト派修道院を建て、多くの教会を修復し、大聖堂をおこした。そして601年に教皇の勅書を得て大司教座教会とし、カンタベリー発展のもとを開いた。その後やや低迷するが、7世紀後半に出たセオドア大司教は、カンタベリーを中心とするイングランド教会を秩序づけた。8世紀にヘプターキー(七王国)の一つマーシアにオファ王が出て、マーシア王国を一つの大司教区とするためカンタベリー大司教区の大半をリッチフィールド大司教区としたが、王の死後復旧され、カンタベリー大司教区の不分割が確認された。1052年にウェセックス伯ゴドウィンがエドワード懺悔(ざんげ)王のノルマン人偏重政策に反対したとき、ローマ教会法に反して、ノルマン人のロベール大司教を追放してサクソン人のスティガント大司教をたてたために、イギリス教会は禁制下に置かれることとなった。だが、ノルマンディー公ウィリアム1世のイングランド征服後、ランフランクがカンタベリー大司教となってローマ教会との関係を復旧した。その後、アンセルム大司教はローマ教皇庁の教会改革を受けてヘンリー1世の聖職者叙任権に反対したが、ヘンリー2世の教会支配政策に反対したトマス・ベケット大司教は、1170年末に大聖堂内で王の臣下に殺害された。トマス・ベケットはその後聖者とされ、カンタベリー巡礼の信者を集めた。のちにはその巡礼たちが道すがらに語る物語の集成であるチョーサーの『カンタベリー物語』が生まれた。ジョン王は、ローマ教皇インノケンティウス3世の推すスティーブン・ラングトンの大司教就任を抑えて、その空位期間中の収入を横領したため破門され、貴族たちの反対を招いて「マグナ・カルタ」(大憲章)を承認させられるに至った。1264年、シモン・ド・モンフォールらが反乱してヘンリー3世軍を破ったとき、カンタベリーで王と貴族らの講和が結ばれた。宗教改革ののちにメアリー1世が旧教を復活したとき、この地で新教徒の大虐殺があった。こうしてカンタベリーはイギリスの首座教会の町として中世の歴史に深く関係したが、その後この町は政治的には凋落(ちょうらく)してゆく。[富沢霊岸]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カンタベリーの関連情報