コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カント‐ラプラス星雲説 Kant-Laplace hypothesis

法則の辞典の解説

カント‐ラプラス星雲説【Kant-Laplace hypothesis】

1755年に哲学者のカントが最初に提出し,のちに数学者のラプラスが1796年に独立に提唱した太陽系の起源に関する仮説.両者の名前を併記してこう呼ばれている.太陽系はもともと巨大なガスの雲であったと考えた.ただしカントは,全体として運動はなく冷たい状態であったと考えたが,ラプラスは高温で自転していたものと考えている.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

カント‐ラプラス星雲説の関連キーワードリスボン忠海鶴屋南北ワルシャワ大学アディソン・ウェスリー・ロングマン怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)カント(Immanuel Kant)七年戦争政治経済論フランクリン(Benjamin Franklin)

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android