コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カント‐ラプラス星雲説 Kant-Laplace hypothesis

1件 の用語解説(カント‐ラプラス星雲説の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

カント‐ラプラス星雲説【Kant-Laplace hypothesis】

1755年に哲学者のカントが最初に提出し,のちに数学者のラプラスが1796年に独立に提唱した太陽系の起源に関する仮説.両者の名前を併記してこう呼ばれている.太陽系はもともと巨大なガスの雲であったと考えた.ただしカントは,全体として運動はなく冷たい状態であったと考えたが,ラプラスは高温で自転していたものと考えている.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カント‐ラプラス星雲説の関連キーワードカント学派ブントボーマン嚢一番茶カント主義言出しっ屁投出しヘンカイパン最初に動く者の優位言い出しっ屁

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone