コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カント‐ラプラス星雲説 Kant-Laplace hypothesis

1件 の用語解説(カント‐ラプラス星雲説の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

カント‐ラプラス星雲説【Kant-Laplace hypothesis】

1755年に哲学者のカントが最初に提出し,のちに数学者のラプラスが1796年に独立に提唱した太陽系の起源に関する仮説.両者の名前を併記してこう呼ばれている.太陽系はもともと巨大なガスの雲であったと考えた.ただしカントは,全体として運動はなく冷たい状態であったと考えたが,ラプラスは高温で自転していたものと考えている.

出典|朝倉書店
法則の辞典について | 情報

カント‐ラプラス星雲説の関連キーワード忠海鶴屋南北ホメオパシー大阪の製鏡業犬や猫の殺処分アルファマ尾崎雅嘉海保青陵経義考コメルシオ広場