カントリー・ミュージック(英語表記)country music

翻訳|country music

世界大百科事典 第2版の解説

アメリカ白人のうちいなかに住む大衆を主な聴衆とするポピュラー音楽カントリーアンドウェスタン,あるいはそれを略してC & Wとも呼ぶ。アパラチア山脈地方を中心に伝承されてきたイギリス系民謡が,南部の黒人音楽との接触によりブルースの感覚とかアフリカ起源の楽器バンジョーを取り入れ,1920~30年代におけるレコードやラジオの普及にうながされて現代的な民衆音楽として発展したものである。ごく初期では民謡と明確な境界線は引きがたいが,ミシシッピ州生れのロジャーズJimmie Rodgersが27年にギター弾き語りでセンチメンタルな歌をレコード録音し,これが評判になって以来,プロの歌手による商業音楽として急速に成長した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のカントリー・ミュージックの言及

【ポピュラー音楽】より

…上記の2種は,白人系音楽と黒人系音楽にそれぞれ当てはまるものではない。メーンストリーム音楽で活躍した黒人歌手もいるし,白人が担い手でありながら,カントリー・ミュージックはローカルな下層大衆の音楽であった。そして,本来はサブカルチャーとして作り出されたジャズやロックンロールが,次々に音楽業界の生産様式の中に組み込まれてメーンカルチャー化してゆく,というのがアメリカのポピュラー音楽に典型的な図式であるが,アメリカが世界資本主義の覇者となった第1次世界大戦以後,この図式はアメリカ国内だけでなく国際的な規模で適用されることとなる。…

※「カントリー・ミュージック」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android