カントル(読み)かんとる(英語表記)Moritz Benedict Cantor

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カントル(Moritz Benedict Cantor)
かんとる
Moritz Benedict Cantor
(1829―1920)

ドイツの数学者、数学史家。マンハイムに生まれる。ハイデルベルク大学で学び、在学中にガウスやディリクレの指導を受けた。1863年にハイデルベルク大学の数学教授に就任、1913年に引退。数学史に関する論文は1856年に登場したが、名著『数学史講義』Vorlesungen ber Geschichte der Mathematikの第1巻が世に出たのは1880年である。その後1894年に第3巻が公刊され、1908年に第4巻が出版されたが、これはドイツ、イタリア、ロシア、アメリカの学者の共著で、1799年までの数学が語られたものである。[小堀 憲]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カントルの関連情報